2006年08月

2006年08月02日

冷静沈着?リハビリ・プルプル

退院・釣り復帰・イカ=堤防熱すぎ=体力的に無理

という訳で、涼しいお山の上へプルプルしにお出かけ。午前5時ヤマジュンと合流。
ちょうどこの日、某SHOPのBASSの大会で、ダービーに参加してくれた人やエントリーしてくれた方々と遭遇。(今後ともよろしくです)

こういう遭遇が起きるのも、おそらくこの桟橋だけ。
BASSやワカサギを釣りに行っても、話しの80%はイカ・エギ・イカ・エギで、
場合によっては、シャクリやジャークも見られます。

桟橋小屋をこれからは、「イカ納屋」と呼ぶ事に・・・・・

午前5時出船・今回はW魚探・ヤマジュン真剣モードです。
ま、こっちはリハビリプルプル、まったりいこうと思っていた。
桟橋前からスタートし、群れはびっしりと写り釣れるものの、ヤマジュンだけ。
魚探で見ると、バッチリ群れの中にハリは入っている。
「なんで、そっちばっか釣れんだよ〜!!」

漁師は涼しい顔して近くを、坦々と船を流していく。
「群れに入るけど釣れね〜」漁師が「・・・・しないと」・・忘れてました。
・・・そのうち、ヨレヨレのラインが・・・・・
船の前から隣の船から、「糸、通そうか〜」「うるさい」・・見かねた漁師が竿を置いていきました(笑

順調に釣りながら、ヤマジュンが
「イカの時は冷静で、そこやりな〜とか言ってるくせに・・面白いもの見た・笑」
病み上がりは、イライラしますから・・・(笑

W魚探の威力はなかなかのものがあって、ヤバイ・群れの方向性が読める。
午後ヤマジュンの2キロ超えが見えてきた。かわいくね〜けどしょうがね〜
船頭の腕の見せ所、山立てして、このラインに・・と船をたてると、ビンゴ!

魚が小ぶりになったところで、水着の撮影会を発見。「走るぞ」すかさずチェック・・・・残念!いきなり船は傾きフルスロットルでUターン・(ヤマジュンが行けって言いました)

魚のサイズが下がり、気分はまったりモードに入って、終了!

なんだ、かんだ言いながら、ヤマジュン2Kg超(約840尾)!おめでとう。
当然、2Kgのかき揚げ・・・期待してるよ〜!!

ヤマ2.1キロ

eos047 at 12:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)プルプル