2014年02月

2014年02月25日

イカ絞めにスパイダルコ

イカ絞め。ず〜っと、イカ絞めを使ってきましたが、ちょっと使うと刺さりが甘くなり・・・スパッといきたいな!と・・
前回からナイフを使い始めました。海・・海水・・塩・・しょっぱさバンバンですから、いくらステンレスとはいえ、気になるのが、錆。すぐに拭いて、後で水洗いすれば問題ないと思いますが、基本的に錆に強いほうが、ラフに使えていいですよね。

現在、錆に強く実用的なものは、H1といわれる鋼材で、Spyderco社から数種類と日本のGSAKAIから「サビナイフ」として発売されてます。24時間海水に漬けても錆が出ないらしく、海はもちろん渓流など、水周りにはバッチリ。

僕は携帯に便利なフォールディングナイフのほうが好きなので、スパイダルコの「ドラゴンフライ2H1 直刃」を入手。ちなみにこの「ドラゴンフライ2H1」はG-SAKAI 関JAPAN製です。

NCM_0488

もうひと回り大きくても良く、デリカというシリーズがありますが、今回はこれで・・・
鋼材:H-1 ハンドル材:ザイテル(黄色) ワイヤークリップ付 全長:141mm ブレード長:57mm 重量:34g 刃厚:2.5mmワンハンドで開閉ができて便利です。

ナイフに関しては、銃刀法と軽犯罪法の対象となります。業務もしくは正当な理由が無い限り、携帯することは法律で禁止されています。釣具と一緒に置いておけば、OKですが釣具はトランク・ナイフはポケットでは、ちょっと署までとなります。十分にお気おつけ下さい。

eos047 at 16:13|Permalink

なんとか・・・

最近パッとしない、それでも春先サイズの動きも、極々少数ながらあるみたい。
餌釣りの、おっちゃんに・・抜かれたとか・・・という話しを聞くと下がり気味のモチベーションもじわっと持ち直し、じっくりいきますかと・・・・

現場の透明度はイマイチ、潮が明るい所と暗い所があって、ベイトもチラチラ見える(居るというほどは居ない)場所と全く生命感を感じない場所が隣合わせだったりして、どうしましょ〜と
セオリー通り、というか気持ちの問題で、潮が明るめでDr39SH・・この時期大好きな銀ホロを・・

足元チラベイト・・ブイ・・潮は右から左・・ブイを回りこむように投げて、確実にボトムを。
ちょい、沖目で乗ってくれました。
201402021 0022.21 15:53
ロッド:カンジ 80プロキシミティー2NDバージョン
リール:イグジスト2508
ハンドル:G-Craft LSH481
スプール:RCS2506
ライン:ユニチカ スーパーエギングPE2 WH08
リーダー:ユニチカ エギングリーダー2号
エギ:アオリQ3.5 DepthRange Dr.39SH
ラインにアタリが出るか出ないかという感じで、やっぱり活性低そうです。



eos047 at 10:10|Permalink

2014年02月10日

雪見遠足・・

静岡市では、雪はふりません。全くではないけれど、記憶にある限りで、4〜5回。積もった〜!と大騒ぎになって積雪1〜2cm。数時間もすれば解けてしまう、はかない雪です。

まるで、長野や岐阜の渓流解禁のような感じ。それでも、ここまでは無いかっ?ま〜驚きました。
NCM_0482


NCM_0479西伊豆を目指し、船原峠へ入ると、雪はどんどん増えてきます。暫く進むと、スタックした車で何台かが停止状態。
状況を確認すると、前の車の方が、「トンネルから先は今雪かきが始まった。と車を見て、4駆にスタッドレスなら行けるでしょ!」Aさんの車だし「大丈夫っしょ〜!」「行っちゃいますかぁ〜」・・・・
「ただ、ちょっと上でトラックがはまって道を塞いでるから
じゃぁ〜行けないジャン!とUターン。

沼津から戸田・土肥・その先と海岸線を遠路迂回。海岸沿いの道まで雪が積もっているほどで、海岸沿いでも路肩にタイヤを落とした車が2台。立ち往生して動けなくなった、静岡ナンバーのベンツが2台。他2台。相当降ったんですね。

なんとか、釣り場に到着するとAさんが、胴長20cm約400gを一杯。自分は一度、引っ張れるアタリのすっぽ抜けが一度で終了。

雪かきをする人や、ほんとに雪が多い地方の方には申し訳ないのですが、南国静岡の人としては、ちょっと嬉しい雪景色でした・・・・ちなみに、静岡の小学校では昔・「雪見遠足」というのがありました。

eos047 at 10:51|Permalink

2014年02月04日

最後の1投

2月3日 ぽかぽか陽気・・・日中は上着もいらないほどの陽気になった。4日は立春・・このまま暖かくと思いますが今日は寒波が。関東は雪になると天気予報では言ってました。
昨日は暖かく、釣りをしていても快適かと思いきや、爆風!3箇所4箇所とポイントを移動するものの反応がなく、夕マヅメ、最後のポイント。潮はゆっくり流れるものの、なんか・生命感がない上に風に煽られ・・・・・

エギの色を何色か変えながら、銀ホロ・・・Dr.39SH に手が伸びて数投。反応0・・・最後の一投。
フォールを繰り返してくるうちに、心がポキッと・・・完全に折れ、エギはまだ20m以上先・・・帰る方向に歩きながら完全ステイ状態のエギにテンションをかけて見ると、僅かにじわっと重みが・・・・超ラッキー!!
20140203 0192.3 18:25 約600g
ロッド:カンジ 80プロキミティ 2NDバージョン
リール:12イグジスト2508
スプール:RCS2506
ハンドル:G-Craft LSH481
ライン:ユニチカ スーパーエギングPE2 WH08
リーダー:ユニチカ エギングリーダー2号
エギ:アオリQ3.5 DepthRange Dr.39SH
釣れちゃったような・・・でも・・アタリ取ったし・・・釣れたら、さっさとお帰り〜・・・です。

余談:
絶滅危惧種になった、うなぎ・・・今年はシラスうなぎが、取れているようです。海流の変化も不漁の原因とされていましたが、取れはじめたという事は海流も数年前と同じ感じになったという事ですかね?
じゃ〜イカさんも数年前見たく釣れるようになってくれますかね?希望的観測でした。。。。



eos047 at 14:31|Permalink